CentOS7でyum updateしたらsuが遅くなったのを解決した話

問題

最近VPSを乗り換えまして、儀式としてyum updateをかけたのですが、その後やたらsuに時間がかかるようになりました。
同じ感じでハマった人のために残しておきます。環境はKAGOYA CLOUD/2提供のCentOS7イメージです。

原因

アップデートしたタイミングで/etc/nsswitch.confが更新されており、以下のようになっていました。

passwd: files sss
shadow: files sss
group: files sss

おらんでええもんがおる……(このマシンにsssdは入れてません)。
「居ないサービスに問い合わせにいって、タイムアウトするまで律儀に待ってるもんだから時間がかかっていた」ということだったようです。

解決

上のpasswd, shadow, groupの行から、sssを削除し、systemctl restart sshdして無事解決。

コメント

タイトルとURLをコピーしました