例大祭新刊「オールユーニードイズ恥部」委託してます

小説・漫画のアイデア出しに。今日から使えるマインドマップサービスまとめ

創作のアイデア出しに役立つ「マインドマップ」とは?

突然ですが、小説や漫画を作っていて、以下のような悩みにぶつかったことはありませんか?

「尊いシーンは思い浮かんだけどストーリーにならん……」
「アイデアは浮かんでるんだけど話としてまとまらない……」

こういったことには私もよくぶつかります。創作におけるよくある悩みの一つですよね。

そこで役立つのがマインドマップです。
マインドマップとは、主題となるテーマを中心に、連想されることを「枝」として伸ばして、アイデアを補強・整理する方法論です。

私はプロットを立てる前に、頭に思い浮かんでいるアイデアのまとめとして、マインドマップを作成しています。
参考までに、私が以前作った妖夢のエロ小説のマインドマップはこんな感じでした。

作品自体はこちらから読めます。

「魂魄輪姦し」/「喚く狂人」[pixiv]
露出癖もちの妖夢がごろつきにずっこんばっこんされます この作品のプロット公開してます→ 紅楼夢の新刊委託してます メロンブックス メロンブックスDL DLSite DMM.com

マインドマップを作ると何が嬉しいのか?

マインドマップの作成作業を通じて、断片的だったアイデアを補完・関連付けできます。
アイデアがある程度出そろっている段階でも、深耕・整理することで、軸のしっかりした、より魅力的な物語を作れます。

先ほどの悩みで言えば、

シーン先行でストーリーにならない→シーンからアイデアを広げることで、ストーリーを作れる段階になる
アイデアはあるけどストーリーとしてまとまらない→浮かんでいるものを掘り下げ整理し、ストーリーの構成要素を取捨選択する

という感じです。

またマインドマップ自体はアイデアを出したりまとめたりする一つの方法に過ぎません。なので、創るものが漫画でも小説でも使えます
上の例は小説を作ったときのマインドマップですが、漫画描きの人にもオススメです。

Webサービスで作る、マインドマップ

マインドマップ自体は手書きで作れます。手書きはインスピレーションを刺激するといいますし、優れたやり方です。
しかし、途中から書き足したり消したりするのが面倒です。整理したりまとめたりは苦手、ということですね。
今回マインドマップを紹介するのは、創作の前段階として、ストーリーを作り始められる段階までもっていくためです。
ですので、個人的には創作のためのマインドマップに手書きはあまり向いていないと考えます。
編集に関してはパソコンのほうが圧倒的有利なので、今回はいくつか、私が使ったことのあるマインドマップ作成Webサービスを紹介していきます。

Mind42

Mind42
Get an overview about the different kind of mind map created on Mind42. Mind42 is a free online mind mapping software that allows you to collaborate on and publ...

あんまり日本でオススメされてる記事を見ないんですが、とりあえずコレ使っとけってくらい強いです。
完全無料でマップ作り放題編集機能や関連機能も充実しています。
マップの色や線の太さを編集する機能は弱めですが、最終的な見た目にこだわらなければ非常に優秀なサービスです。

ちょっと試したい、無課金でも優れたサービスがいいという人におすすめ

MindMup

MindMup
Free online mind mapping. The most productive online mind map canvas on the Web. Supports Freemind mindmap import/export. Easy mindmapping software.

これもあまり日本でオススメされてる記事を見ませんが、多機能・軽量・扱いやすいと三点揃った優良サービスです。
無料だとMindMup上へのマップ保存に制限がかかりますが、Google Driveには無制限に保存可能です。実質無制限ですね。
弱点はマップの見た目やUIが妙にダサいことでしょうか。Win2000以前の雰囲気を感じます。

ちょっと試したい、Google Driveをよく使うという人におすすめ

MindMeister

MindMeister: Online Mind Mapping and Brainstorming
Create, share and collaboratively work on mind maps with MindMeister, the leading online mind mapping software. Includes apps for iPhone, iPad and Android.

扱いやすさは随一です。編集していて不便を感じません。機能も豊富です。
マップのテーマ機能があり、ワンクリックでマップのスタイルを変更できるのも良い点。気に入らなければ細かく弄れますし、弄った内容を他のマップへ適用もできます。
無料版では画像でのエクスポート不可、保存できるマップは3つまでです。がっつり使うなら課金前提、月500円です。

金なら出すのでがっつり使っていきたい、操作性を求める人におすすめ

Coggle

Coggle - Simple Collaborative Mind Maps
Coggle is a collaborative mind-mapping tool that helps you make sense of complex things. Create unlimited mind maps and easily share them with friends and colle...

今回紹介する中では最もオシャレ。このオシャレさが創作意欲とアイデアを湧かせます
……といっておいて、マップをインポートしてきた都合で、サンプル画像のマップは黒一色になってます。本来は適当に作るだけでオシャレなマップになります。
弱点は操作性の悪さと、機能が他に比べて貧弱なところでしょうか。また無料版では個人用マップは3つまでです。
それ以降も作成はできますが、公開状態(他人から見えるし検索エンジンに載る)になります

シャレオツさが何より大事! という人におすすめ

まとめ

今回は「創作活動においてマインドマップがどう役立つのか」「マインドマップ作成に役立つWebサービス」について紹介しました。いかがでしたか?
今回紹介したサービスを使いこなしてマインドマップを作れば、作品の良さはグッと高まるはずです。
マインドマップを用意して、あなたの創作のクオリティをより高めましょう!

プロット作成の記事も合わせてどうぞ↓

小説・漫画の作業効率・品質を上げる。プロット作成のススメと最強のツール「Dynalist」紹介
プロットがいかにあなたの作品づくりを支えるかと、クラウドアウトライナー「Dynalist」を使ったプロット作りについて紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました