冬コミ新刊用短編「首輪返し」に着手しました

冒頭シーン。スケベシーンは路地裏で進行します。

冬コミ新刊「陰陰陰茎」、ガンガン制作中です。
前回紹介した作品が完成したので、最後の一作品に着手しました。輝夜さんメインの作品、「首輪返し」です。

ペットとして成人男性を飼っている輝夜さんが、彼に躾と称したスケベ行為をしていたら、逆にペットにされてしまう……というスケベです。
物語前半における輝夜さんのサディスティックな振る舞いと、後半のマゾヒスティックな振る舞いの対比が良い感じの作品になる予定。

蓬莱山輝夜さんは高貴な御方であり、その高貴さが踏み躙られるのがいい感じなんですが、どれだけチンポ堕ちしたところで根っこの所では輝夜さんのままなのが特に最高ですね……(ウットリ)

「陰陰陰茎」の頒布は 火曜日 南地区 ”ネ” ブロック 35b です。乞うご期待!

コメント

タイトルとURLをコピーしました